2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ナイトラン仕様

誕生月の割引券があったので、某アウトドアショップへ。ここは最近、自転車用品も増えている。
080928_1.jpg
ヘッドライトとテールライトそしてクロスバイク用のセンタースタンド。
PowerGELは金額合わせで。(^^;)

080928_3.jpg
プリンストンテクノロジーのEOS Bike。付いてきたのはベルクロバンドとハンドル用マウント。アウトドアにも使えると思ったのだが、アウトドア用のバンドは別に用意しなければならないようだ。

080928_4.jpg
ヘルメットに付けてみた。明るい!夜間、期待できそう。

080928_2.jpg
テールライトはここに突っ込んでみました。

しかし、夜に走る予定はまだないのだった。
スポンサーサイト

| Cycle | 21:16 | comments(4) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

雨読

080921_1.jpg
なんか売れているようで増刷らしいです。評判通り、かなり偏ってます(何冊か読んでいるので知ってましたが、、、)。バイアスかけて読んだ方が良いです。バイアスのかけ方は「らくだ~」を読むとだいたいわかるでしょう。
こちらのブログでの紹介がイイ感じです。http://blogs.yahoo.co.jp/ktymtty/34134602.html
読まない方がイイ人に、私はかなり当てはまってました。

読んでしまって、ちょっとショックだったのはWH-7801SLに関する記述。静剛性は高くても動剛性に問題があるって?
また、フレームの素材に関しては、ホントのところはどうなんでしょうかね?いくつかのショップに聞いても意見が割れてますね。鉄がいいのかカーボンがいいのか?


080921_3.jpg
こちらは上の本とは対極にあるような本です。(^^;) ロードバイクに関する様々なメカニズムについて、理論・仮説と検証方式で述べられています。著者はホンダの技術者ということで納得です。出典が記載されているところなんざ、正に技術屋の論文です。カタログ的な要素は全くないので、何年も色あせないでしょう。ムックではなく、書籍でも良かったかも?(それじゃ固すぎて売れないか)



こちらは野球本。「古田の様(ふるたのさま)」
080921_2.jpg
稀代の名キャッチャーの凄さがわかる本です。古田を超えるキャッチャーは果たして出てくるのでしょうか?
ヤクルトファン歴30年以上ですが、辞任に追い込んだフロントには怒りさえ覚え、身売りしてもらいたいと本気で思ってしまいました。
古田にはヤクルトでなくても良いからまた指導者として戻ってきてもらいたい。

| Cycle | 18:00 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

台風一過

プロトレックを見ると気圧の変化が激しい。
080920_1.jpg
080920_2.jpg V字回復。

静岡は早朝に通過していき、大したことはありませんでした。
日中は晴れました。  が、娘の運動会は中止。

木曜日には既に23日に延期とお達しが、、、(決めるのが早くない?)

何でも台風が来るから、金曜に準備ができない→天候が回復しても土曜は無理。
準備が出来た上での土曜の雨なら、日曜に延期だが、そうではないので、23日に延期。だそうです。準備のために教職員を休日出勤させなければならないからということなんでしょうね。

結果論ですが、今朝準備をして、スタート時間を遅らせても良かったのでは?と思ってしまいます。
大体、台風は予報よりも早めに通過することが多いので、木曜の時点では、土曜にやれそうだなあと思ってました。

なんで、ぐだぐだ書いているかというと23日は出勤で見に行けないんです。(>_<)

| 未分類 | 21:22 | comments(2) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ツールド三河湖

9/14 ツールド三河湖に行ってきました。

ホームページの充実度(あまり高くない)、参加料金の安さ から、もっとアットホーム(要は手作り的)な大会かと予想してましたが、協賛企業のブースなどあったりして思ったより大々的な大会でした。
080914_1.jpg
協賛のVAAMの試飲などもありました。

色々なコースがあるので各人の力に合わせて参加できる大会です。合計で900名近く。

エキスパートコースは、大きな坂が4つほど有り、難度的にはかなり高いです。そのためか100名程度の募集枠だったのですが、募集初日でいっぱいになったそうです。

駐車場は1kmほど離れた某企業の社員駐車場、立体でした。自転車大会の駐車場で立体とは、、、私は、車内積載なのでいいのですが、、、考えないことにします。
6時過ぎに到着、もう結構集まっています。食事をとったり、着替えたり、ドリンクを準備したりした後、自転車を準備していると、近くに わたしださん の車が。偶然でした。

会場に着いて受付をします。この大会は申し込み後何も郵送されてこないので心配してましたが、ちゃんと名前がありました。ゼッケンとIDカードをもらいます。IDカードはCPでの確認に使われます。

開会式後、早速エキスパートの出発です。
080914_8.jpg

十数人ごとに出発しますが、すぐに信号につかまります。ペースゆっくり行こうと言い合いますが、ちょっと前が詰まりすぎ。少々ペースを速めて、抜かしていきます。ちょうど少し前の男女ペアのペースがいい感じ。距離をとって目標に走りますが、信号で追い付いたら、「遅いので先行ってください」とのこと。ペース変わらないんだけどなあと思ってたら案の定、千万町手前の緩い勾配で抜かれました。(^^;)

エキスパートは千万町口を曲がって、坂に突入します。スポーツコースはそのままくらがり渓谷まで直進のようです。まずは3.8km平均斜度8.4%を登ります。途中15%を超える傾斜も!
もちろん、インナー×ロー、シッティングとダンシングでじりじりと登ります。ピークに着いても一瞬下って、また200mほど上がります。

ピークを越えてホッと一息
080914_7.jpg

エイドステーション1は38km地点 作手道の駅では、500mlペットボトルがもらえます。
みんなにつられて、粗挽きフランク。
080914_6.jpg
確かにおいしかった。でもこれが後々の苦しみの原点となった。

ここからは下り。渓流沿いの涼しい木陰の多い道を爽快に下っていく。25kmでさきほどの登りの高度差を消費してしまった。

チェックポイント1 63.5km サイクリングターミナル。
080914_5.jpg
ここでは、菓子パンとバナナとポカリ。これが追い打ちをかけた。

ここから、また登りになる。最初の10kmは緩い勾配。走り出すが、お腹が重い。フランクから始まる補給の失敗である。肉類は短時間では消化できない。その上、ポカリは私のお腹と相性が悪いのだ。
みんなから遅れ気味となる。
大輪橋を渡ると本格的な登りに。8kmで450m登る。後半5kmの方が斜度6.5%と勾配がきつくなる。こなれていないお腹をかかえて、長い坂との戦いを終えるとピークで仲間が待っていてくれた。謝々
080914_9.jpg

少し下って、三河湖到着。CPで食券を受け取る。食事できるところは4軒。割り当てられた腰掛山荘へ。
スポーツコースの一団が去ったところのようで、かたづけが終わっていない。たっぷり待たされ、ようやく食事にありつけた。

いろいろ、塩分がありがたい。
080914_3.jpg プラス 080914_4.jpg 魚の小鉢

再び走り出し、三河湖北側をぐるっと回ります。ダムの放水が見えました。

さらに補給。山遊里のジェラート。
080914_13.jpg

過補給の後は登り150mほど。三河湖はダム湖なので、一山越えないと戻れません。
ピークを越えて下り、エイドステーション桜形へ。残り20kmですが、もう一登りあります。気合いを入れて、平均斜度6%、3kmの坂を登ります。トンネルが見えて終了。

後は下るだけなのですが、もう脚売り切れ。漕げません。まさかこの下りでダンシング(!)してた人がいるとはつゆ知らず。(^^;)

ヘロヘロで市街地に入るとライダースタッフがトレインに乗るように促されたが、断り、自分の力でゴールへ。

080914_2.jpg

走行距離 127.9km 所要時間 7時間29分 走行時間 5時間40分


補給の失敗(過補給)で苦しみました。やっぱり肉類とポカリはやめておこう。米だって消化に3時間もかかるのだ。肉類が消化された頃にはライドは終了している。ポカリは今度は断ろう。

≫ Read More

| Cycle | 14:49 | comments(6) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

センチュリーラン笠間

080907_6.jpg

 9/7早朝、高速を乗り継ぎ、笠間へ。車載テレビの音声からはワールドカップ最終予選のバーレーン対日本の中継が聞こえてくる。天候はくもりだが、途中、常磐道で雨がパラパラと降ってきた。6時過ぎに笠間芸術の森へ到着。
雨を気にしながら準備をする。幸い、スタート前に雨は降らなかった。

080907_5.jpg
開会式では、茨城県サイクリング協会会長、笠間市長をはじめ、かさま観光大使が挨拶。

スタートは10人づつ1分ごとである。ゼッケンは2桁番台、早い組である。
080907_7.jpg

まずは南へ。筑波山の東側に向かって走る。同じ組でスタートしたO氏が少し前に居て、ちょうど良い目標となる。後ろには何人か付いているようだが気にしない。
080907_8.jpg
周りの田圃は刈り入れを待つ黄金の穂がきれいである。出発して1時間を過ぎたころ、走行距離は30kmに達しようとしていた。信号で何度も停まっている割には早いペースだ。夏合宿で変えた新ポジションのおかげだろうか?ペダルの回転が軽くなるように腰の位置、角度を変えることで楽に走れている。いつもであれば、最初の休憩をしている頃だが、沿道のコンビニを見ても誰もいない。それにもうすぐチェックポイントだろうと先を進む。CP1は55km地点。いただいたバナナと持参のゼリーでエネルギーを充填する。以後のCPでは、ドリンク(水、ポカリ)のみの提供。
080907_9.jpg

 CP1スタートの際には、期せずして、M氏の前を走ることになってしまった。M氏には6月の霞ヶ浦で正確な30km/h巡航でペースメークしてもらった恩がある。同じように一定速度でとは思うが、風、路面や傾斜の影響でなかなかうまくできない。そろそろつらいなあと思ったらタイミング良く、坂道が出現。M氏をはじめとして後ろに付いてきていた方々には前へ行ってもらう。一人旅になると突然、スコールのようなどしゃ降りの雨が降ってきた。最初は暑いからちょうど良いなとのんきに構えていたが、そのうち道路は川のようになり、ペースが落ちた。75kmを過ぎたころ、コンビニストップ。ドリンクとアイスを補給。

CP2まで後少しというところで、後ろからの大集団に追い抜かれた。20人近くいるので、2,3列くらいになっている。とっとと行ってもらいたいが、そんなに速く走ってくれないので困る。信号の度に追いついてしまった。

 CP2は、スタート地点でもある笠間芸術の森。
080907_10.jpg

先の集団に飲み込まれたくないので、早々とスタート。公園内は工事中のため、公園の外を迂回する。後半の60kmはアップダウンの激しいコースだ。まずは中山峠を目指すがその前にコンビニで食事をとりたい。途中、○○ホテル街の中を抜け、こんな所を通すんじゃないよという気になる。コンビニにて、軽く食事をとる。

080907_4.jpg
中山峠は、いつになったら登りになるのかといううちに到着。拍子抜けしたが、下りは峠らしい坂だった。その後、また豪雨。後で聞くとその日の雨は短時間で局地的に降ったようで、遭遇しなかった人もいたらしい。やんだ後の上り坂でスリップしたりと気を抜けないアップダウンを経て、CP3に到着。

080907_11.jpg 那賀川

 中盤のペースダウンのおかげで周りは3桁のゼッケンばかりになった。残り30km弱、試練の坂が待っていた。大小のアップダウンがいくつも。最後の峠を登り切りトンネルを抜けると、ツーリングを楽しむ余裕が出てきた。フルセンチュリーで最後にこんなに余裕があるのは初めてじゃないだろうか?名残惜しくなりながら、7時間ジャストでゴール。

080907_12.jpg

帰りは、高速で雷雨めがけて走るという映画にでてきそうな光景。東名では大雨で速度規制と最後まで天候不順な一日だった。でもこの天候不順(雨)のおかげで暑さに勝てたのかも?

080907_3.jpg
参加賞は笠間焼きのコップ?と ぐいのみ など。この他ポカリスエットもありました。

走行距離 155km 所要時間 7時間0分 走行時間 6時間04分

≫ Read More

| Cycle | 22:30 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりの峠アタック

昨日午後から富士宮方面へ向かった後、しばらくぶりに大代峠へ。
いつもの場所から峠までタイム計測。一登りした後なので、ベストには届かなかったが、22分18秒/4km と自分としてはまずまず。トレーニングをしていないと25分を超えてしまうからね。


その後は静岡へ。
明日のC笠間のために自転車をチェックしてもらいました。
080905_1.jpg

帰りは真っ暗。ゆっくりと帰着。

走行距離 115km

| Cycle | 20:27 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。