2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

走った後のメンテナンス

私のトレーニングコースは海沿いの防波堤が多い。潮風を浴びることも多い。

自転車で走った後のメンテナンスに何を使っているかというと、、、

これ、
070623_1.jpg

車の清掃用具で、クリーナーとワックス効果のある不織布。
さすがに車用のものでは大きすぎるので、はさみで半分にカットして使っている。
フレームはもちろん、スポーク、ペダル、ブレーキ本体、ディレーラー、チェーンなども拭いてしまいます。
070623_2.jpg

最後は、チェーンのオイルを挿す時に使うウエスとなり、使い切ります。

乾拭きより汚れや塩分が取れやすいし、水を使うより錆などに対して安心です。
でもフクピカに含まれる化学物質がフレームや部品の材料を侵すことがあるかもしれないので、自己責任なんですけどね。


オイルは累計100km走った後に挿しています。
スプロケは、汚れが酷くなったら、分解して外して拭きます。普段はやりません。時間かかるからね。


本日は3週間ぶりに走ってきました。

走行距離 40.1km  走行時間 1時間46分。
スポンサーサイト

| Cycle | 22:26 | comments(7) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

出走断念

今週末、伊勢三河湾一周に行こうと思って、エントリーまでしていましたが、諸事情により断念しました。
genさん、151さん、またの機会に。

松本も無理かも。

| Cycle | 23:55 | comments(7) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

Topeak ロードモーフ

佐渡に行く前の話。さくら道で、携帯ポンプ(ロードモーフ)の口金を紛失した。そこでパーツを取り寄せ、、、
070603_1.jpg

無事装着。
070603_2.jpg

と、普通はここで終わりのはず、、、が、

ポチッとやってしまいました。

ロードモーフが2ヶ。
070603_3.jpg
上が旧、下が新。モデルチェンジ前と後です。
少しですが、細くコンパクトになりました。

以前のモデルでは、最初ボトルゲージのところでしたが、
070603_6.jpg

ボトルを2本取り付けるため、トップチューブに装着しました。
070603_5.jpg

でもボトルが取り出しにくいので、コンパクトになったし、今度はリアステーに取り付けてみました。
070603_4.jpg

古いポンプは予備となっちゃいました。



今日はいつものコースを。
走行時間 1時間49分 走行距離 42.2km

| Cycle | 22:49 | comments(4) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

佐渡ロングライド メモ

次回(行くのか?)のために備忘録がてら書いておきます。

○アクセス
 私は、大会翌日の仕事があるのとコストを勘案して、前日深夜のうちに自宅を出発、高速(ETC深夜割引)使って新潟へ。新潟港に駐車後、輪行にて新潟港9:20発のフェリーで佐渡に向かいました。大会当日中にフェリーで佐渡を出る必要がありましたので、直江津-小木航路より、遅い便のある新潟-両津航路にしたわけです。
新潟港の駐車場は佐渡汽船利用者は、割引券で800円/日の駐車料金ですみます。
朝のフェリーは比較的すいていて寝転がれました。当日夜のフェリーは混み合ってました。乗船はお早めに。シャトルバスの時間では、寝られるほどのスペースはとれません。私は知り合いに譲って頂いちゃいました。<(_ _)>感謝!

両津からは大会用意のシャトルバスにて大会会場へ昼過ぎに着きました。昼のフェリーだと大会会場まで渋滞があったそうです。

シャトルバスの中。普通の路線バスでした。ほぼ乗車人数=座席数です。
070519_1.jpg

会場の受付
070519_2.jpg

○宿は近い方が良い?
 私は会場から10kmの場所に宿を取りました。当日、自走で行けるギリギリの範囲かな? 宿では送迎してくれるところもあります。私は分解するのが面倒くさくて自走しました。
次行くとしたら、前夜祭にも出たいから近めの宿がいいなあ。

コース沿いにあった宿。海の幸いっぱいの料理でした。
070519_3.jpg



○AS(エイドステーション)のトイレは使うな(男性のみ)
 ASのトイレ行列はすさまじく、走っていない時間の半分以上使いました。ASの中間にあるトイレを使う方がベターです。でも寒かったら仕方ないかな。

○雨対策は必要
2回連続で雨で佐渡は雨の伝説ができてしまいました。雨対策は十分に。透湿素材の雨具がおすすめです。私はゴアテックスの雨具を使い、寒さ対策にもなりました。

○坂道対策は十分に
 細かい坂で結構体力が消耗します。加えて長い坂が数本。5~10%の坂を15分以上頑張れるトレーニングをしておけば良いと思います。

○補給はしっかり。
 ASで補給をしっかりとりましょう。私の場合、ASでの補給の他にゼリー2ヶ、パワージェル2ヶを消費しました。
 ちなみに各ASでは、おにぎり、バナナ、オレンジなどが出ます。相川ASでは、わかめそば、入崎ASではイカタコ飯が出ました。

○ボトルは一つで十分
ASが絶妙な配置となっており、水分補給はボトル一つでAS毎に給水で十分でした。最後のASで、軽量化のために1本分の水を捨てたほど。万一暑くなったらASでペットボトルをもらって背負えばOK。

○パンク対策は必要
幸い、私はパンクしませんでしたが、道路脇で修理している方が結構いました。替えチューブは必携です。

○後ろの人を考えよう
 片側車線いっぱい使って蛇行している人もいました。苦しいのはわかるけど、右側をあけて抜かせてあげるようにしましょう。また、他の人を抜いたら左側に移動しよう。公道ですからマナーを守ろう。


参加賞は、Tシャツ、佐渡の米など
070520_20.jpg


| Cycle | 22:32 | comments(4) | トラックバック(-) | TOP↑

2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。