2007年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

佐渡ロングライド210km

5月20日6時、佐渡ロングライド210kmのスタートラインに立っていた。
070520_2.jpg

出発3日前の突然の風邪
家族3人、みんな風邪でダウンした。
佐渡へ行けるのか?
出発前日には、こどもが骨折。実際、佐渡行きは危うかった。

しかし、そう簡単にあきらめるわけにはいかなかった。自転車を始めた2年前、長い距離でへたばり、坂道で自転車を押していた。そんなころ、何かに米国では100マイル走れる人がサイクリストとして認められると書いてあった。100マイル≒160km、自然にこれを目指していった。だが、未だに大会で160km以上を走ったことがない。今年の計画を立てた際に初の100マイルオーバーは佐渡と決めたのだった。

そんなわけで、自分の意地と家族の理解で佐渡ロングライドのスタートラインに立った。

スタート約20分前。遠くにスタートゲートが見える。
070520_1.jpg

天候は4時までの予報に反し、雨。そして気温は昨日に比べて低い。
スタート前の身体に冷たい雨があたる。予報を見たときにはウィンドブレーカで行けるかと思ったが、会場に着いてから雨具に替えた。

実際、スタートしたのは、号砲がなってからちょうど6分後。12人ずつ5秒間隔でのスタートだ。参加者はAコース210kmだけで1000人を優に超えている。スタートに10分近くかかる計算だ。

スタート位置は佐渡の西側の湾に位置する佐和田。ここから時計回りに一周する佐渡ロングライドが始まった。長丁場なので、序盤はペースを抑え気味にしていく。

相川AS(20km) 6:55頃到着。
070520_4.jpg
補給は、水、スポーツドリンク(アサヒH2O)、わかめそば、おにぎり、オレンジ、バナナ。

070520_5.jpg070520_6.jpg

車間距離をとって走る。
070520_7.jpg
二つ自分に課した約束がある。それは、「自力で一周すること」もう一つは「坂で押さないこと」。ロングライドはレースではないのだ。隊列を組んで風を避けて走る自転車ではあたりまえのことを封印して全線完走してこそ意味があるのだ、と。

しかし行く手をさえぎる強風でペースがあがらない。こんなんで、210kmもつのだろうか?約束を守れるのか?

070520_8.jpg

入崎AS(40km) 8:15頃着。
070520_9.jpg
070520_10.jpg
相川ASでもそうだったが、ここでもトイレの行列でだいぶ時間をロスをした。佐渡の海岸線はアップダウンが多いが、ここから15kmほどは、ほぼ平坦路だ。ロスを取り戻しておきたかったが、なぜか脚が回らず、スピードがあがらない。体調のせいか?知り合いのN女史もいつもよりスピードが出ないという。

そしてそれはいきなり前方に見えてきた。
070520_11.jpg
立ちはだかるZ坂
文字通りZの字に見える。前の人の失速をよけながら登る。ここで足をついたら、リスタートできない。Z部分を登り終えてもまだ登りは続く。頂上で一休みし、パワージェルを補給。次のASまではまだもう一つ大きな坂があるのだ。

最北端、大野亀が見えてきた。
070520_12.jpg

雨が強くなった。身体を突き刺す雨が痛い。

大野亀坂で、Z坂分の標高を登り直す。

はじき野AS(72km) 10:00頃着
070520_13.jpg
まだ70kmというのに100km以上走ったかのような印象だ。次のASまでの30kmでペースが上がらなければ苦しくなる。12:30の制限時間は余裕だが、12時を超えたら完走は難しいだろう。N女史も時間を気にしていた。

細かい坂がパワーを奪っていく。最後はかなりバテバテ。人家が多くなり、地元の人の声援がうれしい。

平沢AS(100km) 11:15頃着
070520_14.jpg

佐渡の東、両津湾のこのASでは黄色のゼッケン(130kmコース)の人も目につくようになった。やはり、210kmの中では遅い方なんだろう。
130kmコースとの分かれ道が次のASの後に控えている。130kmコースは佐渡の中央のくびれ部分を横断し、スタート位置に戻る半周コースなのだ。リタイアへの誘惑が頭をもたげる。あと110kmかそれとも30kmか?千葉のI氏も膝の痛みが出て迷っているようだ。

行けるところまで行こうと決め、平沢ASを出た。
12時で110km地点。走りながら考える。あと6時間。20km/hをキープできれば1時間の余裕ができる。時間との闘いだ。

入江が連続する小佐渡の東側。
070520_15.jpg

松ヶ崎AS(137km) 13:15頃着
070520_22.jpg
I氏やN女史の顔も見える。

佐渡南岸。向かい風で平坦路でも20km/hを切ることもしばしば。メータの平均速度が落ちていくのがわかる。

小木AS(162km)には、14:40頃着。
最後のおにぎりが目の前でなくなった。(哀)
仲間との突然の別れ I氏はいたが、N女史が見えない。先に向かったのだろうか?

迫り来る制限時間。次のASでは、16時にタイムオーバーとなる。距離は18kmと短いが、坂がある。残された時間はあまりない。すぐにはじまる上りでダメージを受け、回復しないまま、AS手前の連続する激坂に臨む。Max11%と15%の坂だ。斜度はいつも行く"さった峠"に比べれば緩いが、ここまで走ってきた影響で、最後はさすがにダンシング。

坂を登った後。
070520_16.jpg

素浜AS(180km) 15:45着。
070520_17.jpg
これから最後の難関、標高差140mの長い坂が待っている。十分休みをとっておきたいが、、。制限時間まで残り5分というところで走り出す。

苦しい上り坂。大代峠や籠坂峠に比べれば大したことないと言い聞かせながら、漕ぐ。歩く人も少なからずいるが、意地でも降りないぞ。
難関の後に待っていたのは、、、 なかなか終わらないもう一つの上り坂であった。スタッフも「もう坂は終わり」なんて行っ言っていたのに、、、。

走ってきた小佐渡西端を振り返る。もう上りはない。
070520_18.jpg

そして、出走して11時間以上が経過、5:20頃、なんとかゴールへ。MCの「○○さん、おかえり~」の声を聞くことができた。

予想以上に過酷だった"自分への挑戦"は終わった。約束も守られたのだった。

完走証
070520_21.jpg

所用時間 約11時間20分 走行時間 9時間36分。


I氏は、私のゴールして数分後到着。N女史は、小木ASでリタイア、ショートカットコースでゴールへ向かったのだったという。

大会発表では、Aコース出走 1142人に対し、完走 878人(完走率 76.9%)だったという。
スポンサーサイト

| Cycle | 23:59 | comments(4) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

予告編(佐渡ロングライド210km)

♪風の中のすばる~ ♪(地上の星) のBGMを思い浮
かべながら、どうぞ。(プロジェクトXの予告風に)





3日前の突然の風邪
 




 
佐渡へ行けるのか?
 




 
スタート前の身体に冷たい雨
 




 
行く手をさえぎる強風
 




 
約束を守れるのか?
 




 
スピードがあがらない
 




 
立ちはだかるZ坂
 




 
身体を突き刺す雨
 




 
リタイアへの誘惑
 




 
時間との闘い
 




 
仲間との突然の別れ
 




 
迫り来る制限時間
 




 
連続する激坂
 




 
難関の後に待っていたのは、、、





次回は、佐渡ロングライドに挑戦したある男の物語です。

♪教えてよ地上の星よ~ ♪(地上の星)


Coming Soon!(嘘、気長に待っててね)

| Cycle | 23:26 | comments(10) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

坂道トレ

佐渡まで1週間。トレーニング不足であるのはしょうがなくても自分の今の実力を確認しておきたい。ということで、行ってきました、今年初めての坂道トレーニング。近場の峠ですが、4kmで300mくらい登る坂道です。冬場は下りが寒いので行かないコースなので、今年になって初めてということになります。

登り口の舗装の継ぎ目をスタート位置にして、登り始めます。当然、最初からインナーです。なんかいつもよりキツイ。やっぱりトレーニング不足か?と思ったら、ギアが一つ小さかった。あー良かった。

ところどころ道路の拡幅工事中でした。道が良くなるのはいいけれど車の往来が増えては困るなあ。

ふうー。ようやく到着。東海自然歩道の看板も新しくなってました。
070513_1.jpg

振り返ると富士山が、、、手前の山の木が、切られていて痛々しい。
070513_2.jpg


泥よけも付けたまま行きましたが、問題なし。これも良かった。

佐渡はなんとかなるかなあ。

走行距離 37.2km  走行時間 1時間49分

| Cycle | 21:26 | comments(4) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

DIXNA クラウドリフト

泥よけです。雨のさくら道で必要性を感じて購入。
070512_4.jpg
DIXNAのクラウドリフト。

しっかりした泥よけが欲しかった。このジャンルでは、SKSのレースブレードが定番だが、それより安かった。

ゴムバンドで取り付けて、ネジでクリアランスを調整する。なかなか難しい。最後にステーの出っ張りを切断する。

余ったもの。切断したステーの長さが違ってたりする!?
070512_3.jpg

リア
070512_2.jpg

フロント
070512_1.jpg


*ブラケットは、サイクルベースあさひのサイトの右上写真です。ブラケットとステーはプラスドライバーではずせません。

| Cycle | 22:44 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

もうすぐ佐渡

いつの間にか来週末に近付いてきました。
今年前半のヤマ。佐渡ロングライド210km

半周の130kmもあるが、私はもちろん一周の210kmにエントリー。
070511.jpg
でも、さくら道以降、ロングライドに出ていない私。ちょっと心配。準備もしてないし、、、。
参加される方、よろしくお願いします。

さくら道といえば、、、 今日、完走証が届いた。
070511_2.jpg
スタッフの皆様、ありがとうございます。
練習会だったはずなのに、立派な大会みたいですね。
ボランティアなのに、こんなに頑張っちゃって、来年大丈夫なんでしょうか?(第1回とか書いてあるし、、、)

| Cycle | 22:21 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

GWキャンプ~ウッドペッカー(山梨県北杜市)~

5/3~5、八ヶ岳の南に位置するウッドペッカーキャンプ場へ行ってきました。

久しぶりの家族キャンプです。最近、休日は自転車関係で潰すことが多いので、ここで少し家族に対し、ポイントを稼いでおきたいところ。そうすれば、あとあと何かと、、、もごもご・・・

朝はのんびり出発。すると思いっきり渋滞にはまってしまいました。そういえばGWに出掛けるなんて、3年ぶりだ。
なんと5時間かかって到着(道の選択も誤った)。

070503_3.jpg

ウッドペッカーは、ペットOKのキャンプ場。今回で2回目。前回、来たときにはララはいなかったが、小さなドッグランがあることを覚えていて、また来てみた。
ここは、管理が行き届いていて、トイレもきれい。常設のレンタルテントサイトも多く、アスレチック施設もあるため、小さい子供を連れた家族が多かったようです。

設営後のサイト。サイトはちょっと狭め。
070503_4.jpg

設営後の一服。ララも落ち着いたかな?
070503_2.jpg

ワンワン広場で、ノーリードにできます。
喜んでクンクン嗅ぎ回っていました。
070503_1.jpg

1泊目の夜中に雷雨がありましたが、3日間、天気も良く、南アルプスもよく見えました。
070503_11.jpg

070503_8.jpg

ただ夜は寒く、GWってこんなに寒かったっけ?って感じでした。焚き火や七輪が手放せない。
070503_10.jpg

シュラフもモンベルの#5+シュラフカバーでは寒かった。

中日に、外に行こうと清里に続く道に出たら、凄い渋滞。「おいしい学校」で風呂に入っただけで、すごすごとキャンプ場に戻りました。


キャンプ中の食事の方はと言うと、、、
焼き肉、
070503_5.jpg
ホットドック、
070503_7.jpg
ドリア、
070503_9.jpg
などなど。

娘の好きなマシュマロ焼きも。
070503_6.jpg


え”、手抜きじゃないかって?
バレた?

手抜きだけならまだしも、ドリアはソース多すぎたし、ナイフは忘れたし (OPINELナイフよ、どこ行った~?) 、缶切り無くて、缶詰開けられなかったし。
ポイントあげるどころか、、、、、、(T_T)
佐渡ロングライドまで、おとなしくしてます。


最終日は、ゆっくり撤収して、全部乾かして帰宅。後かたづけが楽でした。

| Camp | 23:54 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

2007年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。