2007年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

さくら道ネイチャーサイクリング(下)

ひるがの高原の甚右ェ門。楽しい夜が過ぎた翌朝4月22日。宴会の後から聞こえていた水の音。川の音であって欲しいという願いも空しく、外は雨。
070422_1.jpg

ひるがの高原から雨の中を下って、御母衣湖へ。

さくら道の物語のきっかけともなった荘川桜。開花にはもう少しかかりそう。
070422_2.jpg
070422_3.jpg
「ダムに沈むはずだった樹齢400年という桜(荘川桜)が移植され、その桜の生命力に感動した佐藤良二さんが自身の勤務する国鉄バス名金線沿線に私財を投じて桜を植え始め、、、、。」

記念撮影後。トイレに行っている間に最後のグループになってしまった。下り基調でトンネルが続く道。昨夜、暗くなっていたのでリアのフラッシングランプの電池を替えておいて良かった。車の往来は少ないが、中には長いトンネルもあって結構、恐い。

集団は、はるか先に見えたり見えなかったり。多少のアップダウンがあるせいで、集団も少しばらけてきた。一人ずつ、抜かしながら進んでいく。世界遺産の白川郷に着く頃にようやく集団に追いついた。
070422_4.jpg

せっかくの世界遺産を素通りするわけにはいかない。前日の教訓で早めのエネルギー補給、だんごを頬張る。
070422_5.jpg

いつの間にか雨雲を抜けていた。

五箇山でサポートカーが待っていた。雨ですっかり軋み始めたチェーンにオイルをさして、次の登りに備える。

五箇山名物の豆腐
070422_6.jpg

さて、本日のハイライト。国道156号から304号に入ると急な登りが始まる。約4km、高低差約300m。
一番辛いところでサポート隊のカメラマンが待ってたりする。「いじわる!(>_<)」

登り終わって、後続を待つ仲間達。
070422_7.jpg

この後、長い長い五箇山トンネルを抜けると爽快な下り。こがなくても60km/h出てしまう。下りが終わった頃、コンビニを見つけ、一人休憩していたら、、、、。
しんがり隊が通り抜けていった。
そういえば、俺、携帯ポンプ持ってないんだった。慌てて、追いすがる。途中、道の駅福光に入って、長い休憩。金沢市内は雨らしい。

休憩しているうちにこちらでも雨がポツポツ来た。先頭は既にゴールしているという情報。
残りは、約30km。さくら道国際ネイチャーランの選手を応援しながら(最年少の女の子は無事制限時間内にゴールできたようですね)、先を行くと富山と石川の県境近くから激しい雷雨。アップダウンを繰り返し、金沢市内に入る。
だんだん、都会に近付いていく。

そして、遂に兼六園のゴール、佐藤桜。
070422_8.jpg
さくら道の桜守、佐藤良二さんを偲んで植えられた。
070422_9.jpg

楽しい2日間に大満足。
さくら色のビプスを付けて一緒に走った自転車仲間達、そしてサポートとして車で伴走していただいた5人の方に感謝します。あれ?、いつから5人になったんでしたっけ?(爆)

走行距離 118.2km(2日で245km) 走行時間 4時間46分 所要時間 約8時間
スポンサーサイト

| Cycle | 23:03 | comments(4) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

さくら道ネイチャーサイクリング(上)

4/21朝、名古屋まで輪行し、名城公園へ。そしたら、いました。名城公園に集まったピンクの自転車集団。
これから金沢まで1泊2日で向かうのだ。

今回のツーリング発起人のW氏の開会挨拶。二十数人が集まった。
070421_1.jpg
W氏と他3名は、今回一緒に走らず、車でサポートに徹して頂いた。ありがとうございました。

9時過ぎに出発。数名に分かれ、スタート。
070421_2.jpg

まずは市街地を北上。背中のポケットに入れた地図を2回も落とす失態の間に先を走る一団が見えなくなった。最高巡航速度32km/hで走るものの信号に阻まれたりで、なかなか追いつかない。みんな速ーい。ようやく、追いついて聞くと 30km/hで走っていたらしい。そりゃ、なかなか追いつかないわけだ。
070421_3.jpg

156号に入ると車も減ってくる。長良川沿いを走る。
美濃市を抜け、コンビニで補給。ここからしばらくコンビニがないらしい。

道の駅美並。集まったピンクの軍団。このビプスが遠くから目立って、非常に助かった。
070421_4.jpg
ここでは、さくら道国際ネイチャーランのエイドステーションもあった。われわれとほぼ同じコースの約250kmを夜通し走るイベントらしい。この先、その選手達の頑張る姿や沿道の応援(のお裾分け)に励まされることになる。

道の駅を出て、しばらくすると事件は起きた。

ちゃりーん。

小さな金属らしきものが落ちた音。戻ってみるが、見つからない。
不安を背負いながら、先を行く。

しばらくすると携帯ポンプの口金がなくなっていることに気付いた。 これだったのか、やばー、パンクできないやん。

郡上八幡のあたりになると向かい風になり、しばらくすると皆から遅れ始めた。序盤で足を使いすぎたか?

156号の対岸を一人行く。156号は旧名金バスのルート、"さくら道"
070421_5.jpg

156号と合流してすぐのコンビニに駆け込む。補給ミスでハンガーノックになってしまったに違いないということで、慌てて食べる。そのうち、しんがりグループが追いついてきた。ポンプが使えないので、このグループに抜かされて、パンクしたらまずいことになる。彼らが休憩中に先を急ぐ。

旧白鳥町の市街を抜けるとひるがの高原までの緩いが長い登りが待っている。ハンガーノックも徐々に回復、登りに間に合った?

登った先にはご褒美が、、、ひるがの高原牛乳を使ったソフトクリーム。
070421_6.jpg

ここは、分水嶺。左に流れる水は太平洋、右に流れる水は日本海に注がれる。
070421_7.jpg

水芭蕉が咲いていた。
070421_8.jpg


トラブルはあったが何とか宿に到着。

ひるがの高原にある旅館甚右ェ門。お世話になりまーす。
070421_9.jpg
さあ、風呂入って、宴会だ。(^^;)

走行距離 126.5km。 走行時間 6時間12分 所要時間 8時間30分

| Cycle | 23:51 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

名古屋城から金沢兼六園まで

走ってきました。
でも、こっちじゃないよ。(当然だけど)

名古屋から金沢を結ぶさくら道。こんな話があるとは、最近まで知らなかった。

"さくら道ネイチャーサイクリング"のスタッフと参加者の皆さん、お世話になりました。感謝!

| Cycle | 22:49 | comments(4) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

サドル変更

今日、出張帰りにOD-BOXに寄って、サドルを試してきました。
スーツ姿で店の自転車にまたがり、とっかえひっかえ。店員さんにサドルを取り替えさせること十数回。

で、買ったのは、、、

セライタリアのSigno
070419.jpg
一番しっくりきたので。

さて、いきなりロングライドしちゃっていいんだろうか?

| Cycle | 22:39 | comments(2) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

噂の現場

仕事のついでに見て来ました。
Blogから人気が出て、本にまでなったという現場
070412.jpg

本人とは会えなかった。

| 未分類 | 22:23 | comments(4) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

一人花見ライド

今日は良く行く興津川のコース。

バイパス沿いから見る桜の山
070408_6.jpg

前から気になっていた興津川中流のこの立て札。
070408_1.jpg
ちょっと行ってみた。


蛇行する興津川に吊り橋が架かっておりました。
070408_2.jpg
慣れるまで結構、怖かった。

その後は、さった峠。最近の工事で、道幅が広くなりました。
070408_3.jpg

まだ工事区間がありますが、興津側は路面が良くなり登りやすくなりました。(激坂はかわりようがないが、、、)
070408_4.jpg

桜も終わりだね。
070408_5.jpg

走行時間 2時間40分  走行距離 54.7km

| Cycle | 23:59 | comments(4) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ライド&キャンプ(下) ~SPW2007 朝霧~

「ナメテました。もう 2度とやりません。」とまで めるびんさんに言わしめたハードなライド(富士一周)が終わった3/24夕方、我々は、朝霧ジャンボリーキャンプ場に向かった。

SnowPeak Way 2007 朝霧。
2007年のストラップはきれいなスカイブルー。
070325_13.jpg

雨の降る中、Mサイトに設営する。タープはめるびんさんのレクタLに寒さ対策のスクリーン(蚊帳)を吊る。テーブルとイスなど必要最低限なものを中に入れる。2人で使うレクタLは結構広い。雨も降っているので寝るとき、タープの下にテントを張ろうということになった。
何はともあれ、ビール!と飲んでしまってから気付いた。uwkさんとこどうする?風呂は?まさか雨の中、自転車で移動するわけにはいかない。まあ、いいかと食事を作る。

めるびんさんがダッチ料理をしようというので、ちょっと考えた。
070325_1.jpg
味付けをした挽肉、レタス、トマト、チーズを用意。
で、ダッチで温めたシェルに適宜おさめて、ソースをかけていただきます。

タコスなのだ。
070325_2.jpg
「ん? 一応、ダッチ使ってるでしょ。」(爆)

めるびんさんもダッチオーブンで何か作っている。
070325_3.jpg070325_4.jpg
豚肉のトマト煮。

食事の後は、焚き火トーク。雨が降っているので、タープの下で行われた。
まずは、恒例、抽選会。
070325_5.jpg
我々の火の周りは、盛り上がる暇なく、終了!

で、次は焚き火トーク。ふと後ろを見ると、、、、
社長、発見。
070325_6.jpg「SPWも10年目なんですよ。」 
来年は存続を含めて(?!)見直すという。
今年は400組くらいの応募があって、3人に2人は落ちているそうです。なんでも、私情を挟まないように若い女性の従業員が一人で抽選したそうです。

我々の火の周りに集まった面々。煙で見えません。
070325_7.jpg
070325_8.jpg
070325_9.jpg
070325_10.jpg
ナチュラムブログつながりの4人を始め、SP歴は短めの方が多く、SPWは今回が初めての方もいらっしゃいました。
半年で、道具が入れ替わったとかそんな話ばっかり。みなさん、若いせいかSP菌の進行早いです。
はっきりいって、

手遅れです。(笑)

99年からSPWにお世話になっている私。そろそろ、SPW引退かなあ?


    ◇     ◇     ◇


焚き火トークから戻り、しばらく談笑するも昼間のライドのせいでお疲れモード。テントを張って寝ることになった。雨風が依然強い。

再びテントの中に入るが、雨風の音が気になりなかなか寝られない。2時少し前、その時は、突然やってきた。

大きな音。

タープがバタバタしている。

暗くて外の様子がわからないので、意を決して外に出てみる。するとめるびんさんも外で何やら作業を始めていた。風上のサブポールが倒れ、ロープもない! このままでは倒壊する。代わりのロープやペグを出さなければ、、、。

車の鍵がない?テントに潜って探すが、あせっているため、余計に見つからない。めるびんさんはタープの端を持っているが風にあおられ維持するのも難しい。

鍵探しをあきらめ、めるびんさんと交代する。めるびんさんは、すばやくペグを出してきた。メインポールを1本ずつ抜き、タープ端を直接地面に打ち付けた。さすが!

何とか倒壊は免れそうだが、そのままテントに戻る気にならず、車へ避難することに。しかし、私の車は後部座席に2台の自転車が鎮座し、リクライニングもできない状況。めるびんさんのご好意に甘え、めるびんさんの車に乗り込む。めるびんさんの車の中は荷物が少なく、広々している。ソロなのにあれもこれもと積んできてしまったうちの車の中と違う。(荷物を減らさないといかんなあ。)

全身びしょ濡れ状態。靴もぐしょぐしょ。濡れたものを脱いで風邪をひかないようにしなくては、、、。しかし乾いたモノは少ない。昼間のライドで着用したものなんて貴重だったりする。

いつの間にか寝ていた。既に6時半。辺りは明るくなってきており、ようやく状況がわかってきた。まだ雨風は激しい。何とかタープは倒壊していない。サブポールは倒れ、ペグがロープと一緒に飛ばされているようだ。芝生は水溜まりとなっており、トイレ前は池だ。驚いたのは、周りのサイトにあったいくつものリビングシェル(SP製)がメーカの耐久試験でもやらないような風に耐えて残っていたことだ。

午後から晴れという情報もあったが、午前中の撤収を決めた。
濡れながら、細かいものを片づけた後、しばし休息。昨日、炊かずにしていた炊き込みご飯でブランチ。
070325_11.jpg


長年、キャンプをやっているが、夜中に車に避難したのは初めてだった。タープの下にテントを張るというのも善し悪しだ。
そして、己の未熟さに反省。SPW引退なんて言えないぞ。

焚き火トークをやった広場には水が出て、池になったという。実際は見ずに帰ってしまったが、後から写真を見るとすごいことになっていたようだ。車に避難していたときは、広場の方は盆地になっているから風が少ないんだろうなあとうらやましがっていたのだが、、、

帰宅後の片づけの様子。
070325_12.jpg
今回久しぶりに使った小型テント。ボトムの耐水圧に難ありで、こちらは引退が決定


今回のライド&キャンプの教訓「ナメちゃいかんなあ。」






あれ?
コレが出てきませんでしたね。







このままで終わると悩む人が数名?いるので、謎解きをしておきましょう。







コレです。(ダッチじゃないよ)
070325_14.jpg

| Camp | 21:25 | comments(5) | トラックバック(-) | TOP↑

2007年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。