2007年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年04月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

ライド&キャンプ(上) ~富士山一周ライド~

3/24 8時にめるびんさんと待ち合わせ。

これから自転車で富士山一周だ。コースはコレのスタート地点を変えただけ。7時間の予定。雨が降る可能性があるため、早めに帰着したい。この計画は天候不順のため中止になるはずだったのだが、めるびんさんのたっての希望で決行することになったのだった。

スタート地点、道の駅「朝霧高原」。めるびんさんは、ここで夜を明かしたとのこと。早く言ってくれれば、もっと早く出られたのに!
めるびんさんはMTB。私はクロスバイクにしようか迷った末にロードを選択。
070324_1.jpg

ともあれ、このハードな走行は開始された。最初は、田園風景の中を爽快な下り。その後は、アップダウンを繰り返し、一旦休憩した後、長い坂を登っていく。前回登った時は、御殿場スタートだったので終盤のこの坂が異常に長く感じられた。今回は、意外にも早く先が見えたと思った頃、事件は起こった。

「シュー」

パンクしたのだ。
パンク修理中(いつの間にか撮られていた)
070324_2.jpg
取り替えたばかりのタイヤだったのに、少しサイドに傷が付いている。側溝の網にのった時に傷つけてしまったようだ。
続けられると判断し、先を行く。

富士山こどもの国入口。「めるびんさん、登りはもう少しで終わりですよ」
070324_3.jpg

富士サファリのあたりから下りが始まる。大野路へ向かう分岐からの坂では、この日最速の61.1km/hをマーク。
御殿場の市街に入ってから、コンビニで休憩。ここからまた登りが始まる。

東側から望む富士山。傘雲ができはじめている。
070324_4.jpg

峠までの登りのさなか、下界を見る。
こんなに登ってきたのか。
070324_5.jpg

本日の最高地点 1100m 籠坂峠。
070324_6.jpg
ここから山中湖までの急下りと、富士吉田までの下り基調の道が続く。
しかし、向かい風が強くなってきた。

富士急ハイランド前。強風のせいか、フジヤマは動いていない。
070324_7.jpg

めるびんさんから休憩の催促でコンビニで一休み。ここまで80km強。
これからが大変だった。疲れに加え、向かい風、そして登り。思うように進まない。おまけに雨がポツリ。道の駅鳴沢での休憩をパスして先を急ぐが、本栖湖が見える橋で、力尽き、最後の休憩。

そして、ゴール。
070324_8.jpg「ナメテました。」

スタートしてから7時間2分。108km。走行時間は5時間30分。
やっぱり、タフなコースだった。一人ではとてもやる気にならない。

平均速度19.6km/h。MTBにとっては速いペース?

さあ、これからキャンプだ。
(ライド&キャンプ(下)に続く。)
スポンサーサイト

| Cycle | 22:10 | comments(5) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

なーんだ?

久しぶりにキャンプ用品を購入。

おまけを貰いました。
070320.jpg
週末、使ってみたい。

| Camp | 21:44 | comments(10) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

浜名湖サイクル・ツーリング

3/18(日)快晴。風が強くて、寒い1日でした。

朝6時25分、浜名湖ガーデンパーク駐車場到着。

受付は、きっかり、6時30分から始まった。受付番号毎に別れている。受付ではアミノサプリ500MLとバンダナなどをもらった。
070318_1.jpg
仮設トイレはあるが、行列を覚悟する必要がある。

受付を終えたが、寒くて準備をする気にならない。自転車も降ろさず、車の中でしばし避難生活。151さんの電話でようやく準備を開始。

開会式。
070318_2.jpg
この後、ようやく、151さん他の仲間に会えた。

受付番号毎に4段階でスタートする。第1グループは6時55分からスタート。
070318_3.jpg

第2グループでスタートした。1分ごと16人づつ。
スタート位置から見たゲート。
070318_4.jpg

ゆっくりとスタート。長い間、待っていたので、身体が冷え切っている。しばらく我慢。浜名湖東岸を北上する。水面が近く、西風で波しぶきが、飛んでいた場所もあった。

チェックポイントAの舘山寺自転車ターミナル。ここまで12kmくらい。
070318_5.jpg お茶をいただきました。

コース最北端のみおつくし橋。
070318_6.jpg

チェックポイントBは20km地点のレインボー浜名湖。
名物のみそまん。
070318_7.jpg

ここから強い向かい風を受けながら浜名湖北側を走る。途中、浜名湖SAの近くで小ピークがあったりする比較的長い区間。

猪ノ鼻湖北側、三ヶ日総合事務所(45km地点)がチェックポイントC。
070318_8.jpg
もらったお弁当とみそ汁。
070318_9.jpg

エネルギー充填後、約100mの登りとなる。尾奈駅を曲がってしばらくするとそれは始まった。インナーに落としてゆっくりシッティングのまま登り切った。
その後、長い下りでは、自転車に囲まれてながら降りていく。もう少し、自転車が少なければ爽快な下りだったろう。

チェックポイントDは60km地点の松見ヶ浦広場。
地元特産の乳製品。牛乳か飲むヨーグルトとチーズをもらった。
070318_10.jpg
ここまでくると先が見えてきた。

最後のチェックポイントEは、70km地点の新居関。
ゼリーと地元銘菓卯月園のうずまき。面白い食感でした。
ゼリーは必要ないくらいだったが荷物になるのでお腹に納めた。
070318_11.jpg

JRに沿った道を追い風にのって進み、西浜名橋、明月橋、中之島大橋、雄踏大橋と橋巡り、そして最後に、はまゆう大橋。つよーい向かい風でなかなか進まない。ここが最後の難所でした。

そして、ゴール。
070318_12.jpg

完走のスタンプを押して、受付へ。
070318_13.jpg
お汁粉がもらえます。

そして、静岡新聞のサービスで自分たちだけの号外を作ってもらいました。

070318_14.jpg


スタートから5時間半、寒かったけれど楽しいサイクリングが終了。走行時間は、3時間46分 距離は公式には85km。
(メータでは81.8km タイヤの周長がずれてるようだ。)

コースは、スタッフの案内とところどころにある案内板で間違えることはない。特にスタッフには声をかけてもらって気持ちよく走ることができた。感謝。<(_ _)>
また来年も出場したい大会である。

| Cycle | 22:49 | comments(2) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

4ヶ月ぶりに

模様替えしました。








「またか」









そう、またです。(爆)



(3/16追加)
違い、わかりましたね。
top3.jpg '07年3月
top2.jpg '06年11月
top1.jpg '06年9月

| Photo | 21:21 | comments(2) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

タイヤ交換

浜名湖ツーリングを前にタイヤを交換することにした。

F5Cについていたタイヤは、ドライ用のVittoriaのRubino Pro Slick。

今度のタイヤは、、、、
070311_1.jpg
Pnaracerのツアラー
ロングライド向きのツーリング用のロードタイヤにした。
インプレッション記事はココ
一緒にチューブもR'Airに交換。(セット販売だった。)

私のタイヤ交換は、タイヤレバーを使わない方法。
外す時は、空気を抜いてバルブの反対側のタイヤをこじってチューブも一緒に外してしまう。
はめるときも手でのばしながら強引に入れてしまう。
タイヤレバーを使うと、挟んでチューブを傷つけてしまうのが怖いのだ。何度か新品のチューブをおしゃかにしたことがあるのだ。チューブを入れるときは空気を少し入れると(リムとタイヤの間に)噛まずに済む。

070311_2.jpg
保護シールを剥がして終了。

トレッド面。オールラウンド用のパターン。
070311_8.jpg


昨夜の雨が富士山の化粧を直した。
070311_9.jpg
タイヤは、、、、まだわからん。(違いのわからない男?)

走行時間 1時間59分 走行距離 43.5km

| Cycle | 22:01 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

浜名湖案内

070305.jpg

浜名湖の案内書が届きました。
番号により、スタート時間が別れていて、私のスタートは2番目の回らしい。

| Cycle | 01:15 | comments(2) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

今日は

伊豆の国士峠まで行ってきました。
詳細はそのうち。
計130kmくらいでした。
同行のみなさん、お疲れ様。

| Cycle | 22:29 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

異変?

このブログにはアクセスを解析できる機能があるのだが、その中で検索で来られている方が何をキーワードに辿ってきているかがわかる検索ワードの結果を久しぶりにを見た。

最近、これまで長いこと上位を保っていた「FELT F5C」がなくなった。

2月の結果。
070303_1.jpg

1月までは、FELT関連が上位に挙がっていた。
070303_2.jpg

・F5Cの在庫がなくなり、購入検討する人がいなくなった。
・もう、自転車選びのシーズンは過ぎた。
こんなところか?

| Cycle | 22:13 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

2007年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年04月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。