2006年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

峠練習

来週、再来週と坂の多い大会にエントリーしているので、最近、大城峠で練習しています。
今日も踏ん張ってきました。
cyc060827_1.jpg
登り口から4kmを23分37秒

その後は、由比へ抜けて、興津方面へ少し行ったところで引き返しました。

富士川河口で撮った写真。堤防を背にした自転車と雲。ちょっと風変わりな写真となりました。
cyc060827_2.jpg

走行時間 2時間00分  走行距離 43.9km
スポンサーサイト

| Cycle | 22:12 | comments(2) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

無印サマージャンボリー~嬬恋キャンプ場~(4)

アウトドアマンレースでその日の体力を使い果たした私。ここぞとばかりにかみさんが「マウンテンバイク教室に私が行ってくる。」で、ララの面倒を見る係に。子供はuwk家のmelodyちゃんを強引にカヤック教室に誘って出掛けて行った。

かみさん走る。ママチャリと違って軽いことに感動しておりました。
camp060820_33.jpg
(撮影:めるびんさん)

やっぱり子供の方が上達早いなあ。
camp060820_20.jpg


夕食の支度中、アウトドアマンレースで一緒だったsutaさんカップルがサイトに寄ってくれた。sutaさんはカヤック初めてだったのにもかかわらず初心者3人+私の後方集団からいち早く抜け出てました。(運動神経イイね!) かなりsnowpeak度が高いサイトの方です。聞けば8泊目とのこと(驚)
うちのテーブル崩れのこんな台や
camp050907.jpg
ただ単に古いテント(買えないだけ)、WGのリミテッドモデルなどを感心してくれました。(でもsutaさんのサイトの方がよっぽど凄いって。)

その日の夜、ステージ上でアウトドアマンレースの上位の表彰式があった。なんとフージーさん一家が団体部門で優勝!
camp060820_22.jpg

その後は、ライブ。にわか雨にも負けずに残った人たちが盛り上がっている。
camp060820_23.jpg


いつのまにか結成されていた小五トリオ(uwk家melodyちゃんとフージー家も○ちゃんとうちの娘)。仲良くしてくれてありがとーっ
camp060820_36.jpg
(撮影:uwkさん)


なんかアウトドアマンレース以降は、おまけ(ご褒美?)という感じがする。最終日も晴れて、乾かせたしね。
camp060820_25.jpg


無印嬬恋キャンプ場も開放感があって気に入りました。ただペットサイトはセンターハウスから遠いのが難点かなあ。
サマージャンボリーも教室に参加できたり、レースに参加できたり(笑)、かなり充実したキャンプとなりました。いつも帰ると「たまにはホテルに泊まりたい」とのたまう家族もかなり満足したようです。ララの粗相もなかったし(笑)。

ララもドッグランで遊べて満足。
camp060820_35.jpg


uwk家、フージー家、めるびんさん、無印スタッフの方と一枚
camp060820_32.jpg
(撮影:めるびんさん)

最後にキャベツを受け取って、キャンプ場を後にしました。
camp060820_27.jpg
↑ほとんどはuwk家のものです。うちは一箱だけ。(^^;)

親しくして頂いたみなさん、スタッフの方々、ありがとうございました。<(_ _)>

<了>

P.S.
私のアウトドアマンレースでの 活躍に刺激を受けたのか 失態が勇気を与えたのか 早くも来年の決意表明をする方が続出(嘘)。 
カヤックのコソ練する?(^^;)

| Camp | 23:59 | comments(8) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

無印サマージャンボリー~嬬恋キャンプ場~(3)

「え?11番目なのに?」
ま○○さんの言葉に耳を疑った。

・・・

キャンプ3日目のその日の朝、前夜もララに鳴かれ、寝不足気味。
めるびんさんのところに行くと、新しいアイテムでコーヒーをいれていただいた。
camp060820_12.jpg
「めるびんさん、アウトドアマンレース頑張って下さいね。私はマウンテンバイク教室にでも申し込んでみます。」このとき、プレッシャーに開放され、お気楽モードの自分がいた。

お昼は、静岡名物桜エビのかき揚げといも天、うどん。
camp060820_13.jpg

・・・

それは、かき揚げをuwkさんところのお裾分けに行った時だった。

ま○○さんが、草原の方から走ってきた。
「autumnさーん、アウトドアマンレースでられるよー」

「え?11番目なのに?」



突然、11番目で出場することになった私。もちろん心の準備などできていないまま、説明を聞く。
camp060820_30.jpg
(めるびんさん提供)


で、レースの時はやってきた。
まずは、カヤック。
くるくる回って進まない。一つ目のブイに着く頃には先頭集団は、はるかかなた。未経験組3人と最下位争いをしていた。なかなか前に進まない。先生に教えてもらいながら進んでいく。ある意味、個人レッスンなのだが、必死なので覚えちゃいない。岸に近付く頃には、最後尾だった。
camp060820_15.jpg

家族や仲間の声援の中、着岸し、マウンテンバイクへと急ぐ。 はやる心からカヤックを乗り捨てて行ってしまうところだったほどだ。
camp060820_16.jpg

草原に戻るとめるびんさんは既にゴールしていた。
「やっぱり、騙された?」

前の2人とはあまり差がない。これなら逆転は可能だ。
マウンテンバイクにまたがる。すぐ上りだからインナーに変えなくては。ちょっと軽すぎるがそのまま回す。ダンシングする元気は残っていないので座ったまま走るが、サドルが低すぎてうまくペダルに力が加わらないっ。
camp060820_17.jpg
それでも2人をパスして、丸太切りへ。
残り4本のうち細そうな丸太へ急ぐ。後で聞くと1本だけ材質が違う丸太があったそうだ。
camp060820_18.jpg

なんとかリードを保って、ゴール。
camp060820_31.jpg
(めるびんさん提供)

ララに跳びつかられた。「これって勝利のキス?」(爆)
camp060820_19.jpg
疲労困憊。30分もかかってないのだが、6時間のロングライドよりも疲れた~。

しかし、11番目にならなくて良かった。あのカヤックの時の娘の 厳しい罵声 いや大きな声援 からすると、娘に何を言われたか・・・

| Camp | 21:44 | comments(2) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

無印サマージャンボリー~嬬恋キャンプ場~(2)

2日目、早朝、コーヒーをいれながらまったりとした時間を過ごす。キャンプでは、この朝のゆったりした時間が一番好きだ。1泊のキャンプだとこの時間には帰り支度を考えなければいけないから2泊以上したいね。
私が5時に起きたためか、みんな朝が早かったので、みたらしだんごを作り出すが、見事に失敗。水が多すぎてゆるくなり、形がまとまらない。これでは人にあげれないねえ。
camp060820_7.jpg

ジャンボリーの参加受付は8時半~。教室受付は10時~。アウトドアマンレースの11時~。と申し込み時間にずれがある。
教室は、autumn家は3人ともカヤック。風呂に行きたいので1番目の回にした。早めに並んだが、ゆっくり来ても大丈夫だったようだ。
11時のアウトドアマンレース申し込み前に、子供がuwkファミリーと釣りに行くというので、付いていったが徒歩だとなかなか遠い。申し込みに間に合わなくなってしまうので、一人引き返して、めるびんさんとともに申し込みに行くと、結構、並んでいる。定員10名のところ、めるびんさんが10番目でセーフ、私は11番目でキャンセル待ちとなった。内心ホッ(^O^)。仕方ないなあ、出たくても出られないもんなあ。

子供達の釣りの様子。うちの子は、uwk家のま○○さんとmelodyちゃんにお世話になってました。<(_ _)>感謝!
camp060820_8.jpg



午後のカヤック教室では、悪戦苦闘。クルクル回ってまっすぐ進まない。「11番目で良かった」
子供の方がうまいねえ。とかみさんと話す。


uwk家は、マウンテンバイク教室を選択していた。minnyちゃん、頑張れ~。
camp060820_9.jpg


めるびんさんは、カヤックの2回目の回に参加。
なんか話が違うぞ、上手いじゃないか!一緒にくるくる回ろうと言っていたのにー! 
camp060820_10.jpg
やっぱり、「11番目で良かった」 あやうく、騙されるところだった。

ララは、家族の一人がいなくなると、身を乗り出して目で追い、(ストーカー)
camp060820_11.jpg
暑いと地面でぐったり。
camp060820_14.jpg


夕食のピザを焼いていると昼間にめるびんさんを通じてお知り合いになったフージーさんから、ビビンバをいただいた。みんなでつついていたらあっという間になくなって写真を撮る間もなかった。(^^;) この日の食事の写真は全滅。ブロガー失格である。せっかく、モッツァレラチーズを使ったピザを焼いたのにー。そのほか、嬬恋のキャベツを使ったポトフを作った。

2日目は天気もまあまあ。焚き火もできた。9時過ぎにuwk家サイトにお邪魔し、uwkさんと弟さんのま○○さんとと少し、焚き火を囲む。めるびんさんは、明日のアウトドアマンレースに備えて、休むそうな。そんなに気合い入れなきゃいけないの?
やっぱり、「11番目で良かった」 

| Camp | 06:25 | comments(6) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

無印サマージャンボリー~嬬恋キャンプ場~(1)

8/18~20に行われた無印サマージャンボリーに参加してきた。会場は無印嬬恋キャンプ場、嬬恋では3回目だそうだ。
無印サマージャンボリーは、話には聞いていて、前から参加したかったイベントだが、これまで日程が合わなかったり、別のところへ出掛けたりで、今回初めての参加だ。無印キャンプ場自体、初めての利用なのでどんな雰囲気なのか非常に興味があった。何しろ、前もって有料の会員登録をしなくてはならないキャンプ場なのだ(サマージャンボリーは会員でなくても参加できる)。
今回は、uwkさんの助言もあり、サマージャンボリー前日の17日から入ることにした。犬のララを含め、家族全員での参加である。朝6時出発、中央、上信越自動車道を乗り継いでいく。

SAでララがお食事。
camp060820_2.jpg
昨年の佐渡ツアー以来、ララは2回目のキャンプである。昨年は"びびりしょん"やイスの上での粗相があって大変だったが、今年は大丈夫か?不安である。

12時少し前、キャンプ場に到着、手続きをする。サマージャンボリーの参加手続きは翌日に行うため、1泊分だけである。
早速、設営。サイトはペット向けの草原サイト(Hゾーン)を予約していた。ちょいと傾斜はあるが区画は広い。

「設営するまでちょっと待ってろ」
camp060820_3.jpg

設営している最中に、雨がぽつりぽつりときた。1日目は雨がち。予報通り。最終日以外は雨がちという予報は外れて欲しい。
風もあるので、ヘキサタープに新たに購入したペンタシールドを雨除けとして使った。苦肉の策だが、タープの下が広く使え、さらに午前中の日除けにもなって結果的に良かった。
camp060820_4.jpg

だいたい立ち上がったところでやはり前の日入りしたuwkさん、kittyさんファミリーへ挨拶に行くとテントの中で休憩中だった。起こしちゃって、ごめんなさーい。<(_ _)>
このとき、uwkさんから「アウトドアマンレース(=カヤック、MTB、丸太切りの3種目を行うレース)本当に出るんですか? カヤック難しいですよ。」との声。そうなのだ。めるびんさんから前もって、アウトドアマンレース参加のお誘いを受け、かるーい気持ちで出るなんぞと言ってしまっていたのだ。不安になるなあー。

ララの定位置。
camp060820_5.jpg

夕食の準備をしていると焼き鳥を冷凍庫に忘れてきたことに気付く。他にもいろいろ忘れているようだ。
炊き込みご飯に豚汁、etc。
camp060820_29.jpg


夜には、めるびんさん登場。酒を仕入れてきたって? ごちそうさまー。
camp060820_6.jpg
ここで、めるびんさんから「アウトドアマンレース出るんですよね。」とプレッシャーをかけられる。今更、出ないとも言えず、、、、。

雨なので、初日は焚き火もせず、早々に就寝となった。
が、ララが1時間毎にくーんくーんと鳴き、起こされる。まだ夜だっちゅーの。自分が起きるたびに鳴くんじゃない!(怒)

結局、翌朝は5時に起床した。あきらめていた朝日が昇った。
camp060820_1.jpg

| Camp | 22:50 | comments(1) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

無事帰ってきました。

無印良品キャンプ場のサマージャンボリーに参加してきました。

レポはこちらで。↓

無印サマージャンボリー~嬬恋キャンプ場~(1)

無印サマージャンボリー~嬬恋キャンプ場~(2)
無印サマージャンボリー~嬬恋キャンプ場~(3)
無印サマージャンボリー~嬬恋キャンプ場~(4)

| Camp | 21:23 | comments(6) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

夏晴れ

今日は朝から空気が澄んでいて、めずらしく夏の富士が拝めました。phot060815_1.jpg

昼も遠くの山々がはっきり見えました。まるで冬のよう。冬と違うのは雪ではなく、緑が見えるところ。
夜も期待できるかなと思ったら、、、
phot060815_2.jpg
製紙工場の煙に邪魔された。(泣)


でも山小屋の明かりと薄く富士の形が見えるでしょ!

| Photo | 20:44 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

○が帰ってきた! ので、短時間ライド

本日、○が帰ってきたので、いつもの週末と同じように夕方ライドに行ってきた。
最近、午後は天候が崩れやすいのだが、今日も準備をしているうちに黒い雲が出てきた。
不安の中、今日は、坂道へ。昨年、クロスバイクで良く来た道だ。今年になってからは来ていない。F5Cではもちろん初めてだ。この道は、4.4kmで、315m上る峠の道。クロスバイクはかなり軽いギアがあったから行けたが、F5Cのギアで行けるのかと不安だった。34T×25Tのギアになったこと、富士周遊ライドで何とか登れたことから、思い切って行ってみることにした。
登り口まで約10km。ここまでのアップダウンで結構疲れてしまった。一回止まって、ドリンクで喉を潤す。おそらく峠まで、ドリンクに手が出ないだろう。では、峠までのノンストップに挑戦! 私にとって7%以上の勾配はかなりきつい。ローギアで約30分。やっぱり、このギアでもきつい。

耐える きつい 耐える 耐えれた!(嬉)

大代峠に到着。ドリンクがぶ飲み。きつかった。
cyc060814_1.jpg


下りは爽快。
天気も何とか持ちました。
cyc060814_2.jpg

でもやっぱり、リア27T欲しいなあ。

走行時間 1時間45分(1時間55分) 走行距離 36.5km

| Cycle | 23:07 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

○の居ぬ間に自転車三昧(2)

昨日は100km超えたけどほぼ平坦路だったからダメージは少ないだろう。と思っていたが、朝起きてみると結構疲れが残っている。
今日は坂道でも行こうかと思っていたが、のんびりサイクリングに変更した。
まずは海岸線を沼津方面へ。結構な数のローディの集団に会う。みんな日曜の午前に合同練習しているのかな?
他の人に触発されたのか、向かい風なのに沼津まではペースが速かった。巡航28km/h。これが後のヘロヘロの原因か?

千本浜、沼津港の市場を通って、狩野川河口へ。
cyc060813_1.jpg

川沿いに歩行者自転車道が整備されています。
cyc060813_2.jpg
路面はかなり良い方。ただ、支流があったりしてやや分断しがち。
cyc060813_3.jpg
河口から10km付近。気持ち良い道です。ルートを確かめながら来たので、ゆっくりなペースになってしまいました。
道を研究してからまた来たいルートです。

コンビニで食料を買って、土手で昼食。

cyc060813_4.jpg
この辺で、一旦、狩野川からおさらば。徳倉山の横山トンネルを使って、一気に海岸方面へ向かいます。
そしてまた狩野川河口へ。我入道の渡し舟が見えます。
cyc060813_5.jpg

再び千本浜。海水浴客で賑わっています。
cyc060813_6.jpg

帰路は、パッドなしのパンツのせいで尻が痛いのと疲れで、たらたら帰ってきました。また、珍しく向かい風ばかりで追い風のないライドでした。

で、帰ってみるとララがお出迎え。
cyc060813_7.jpg

え、何でおまえサークルから出てんの?




きっちり扉がしまってなかったようだ。粗相はしてない模様。帰ってきた時の興奮で扉が開いたのだろう。(^^;)

走行時間 3時間18分(4時間9分) 走行距離 67.7km。

| Cycle | 16:48 | comments(4) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

○の居ぬ間に自転車三昧(1)

盆休みに入りました。かみさんは「子供を連れて実家に帰ります」と・・・。
というわけで、時間の制約なしに自転車に乗ってしまおうという企画です。
清水の三保から安倍川河口までの太平洋岸自転車道路に狙いを定め、100km超えのライドに行ってきました。
興津までは、いつもの週末ライドと同じ海沿いのコース。走り始めると、少しポツリと雨が、、、。本格的に降り出したら戻ろうとライドを続けます。幸い、本降りにはならず、興津に着く頃には空模様のことなどはすっかり忘れていました。興津からは一般道で清水港の脇を通っていきます。貨物トラックの幅寄せに冷や汗をかきながら、着いたのが、エスパルスドリームプラザ。
cyc060812_0.jpg

ここは、寿司横丁、寿司ミュージアムなんてのがあり、寿司が有名です。で、ちょっと早めのお昼ご飯に寿司をいただきました。

さて、三保の灯台です。
cyc060812_1.jpg

ここから自転車道です。羽衣の松のところで一回内陸方面に行き、また海岸に戻ります。路面はかなり荒れていて走りやすいとはいえない状態。久能山のイチゴ通り?の脇を通ったりして、安倍川に到着。自転車道はまだ上流方面に続いているようだが、ここでUターンすることにします。
cyc060812_2.jpg

日差しもでてきて暑さにやられそうになりながら、帰ります。

cyc060812_3.jpg
道ばたにあったちりめんじゃこの天日干し。

cyc060812_4.jpg
三保近くの海。夏色ですね。

由比港で、本日2回目の昼ご飯。
cyc060812_5.jpg 桜エビのかき揚げ丼
閉店間際というのでみそ汁をサービスしてもらった。
しかし、この食事は余計だった。かき揚げは堅めで、ちょっと好みではないし、それにこれに要した時間が、、、。

富士川にたどり着く頃に雨が降り出してきた。富士川を渡り、北へ自転車を走らせると前方に雷の光。雨も強くなり、ずぶ濡れになって帰宅。かき揚げ丼を食べなかったら、降られずに済んだかも。

戻ってしばらくすると「ごろごろどっしゃーん」が何度も。ララはぶるぶる震えてました。

走行時間 4時間49分(休憩込み6時間12分) 走行距離 111.4km

| Cycle | 23:59 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

クランクの交換

富士山周遊ライドの前日、急遽クランクを交換した。

元々、BBの調子が悪かったので、それならクランク毎変えようと買っておいたものだが、ハードなコースを前に交換することにした。
SHIMANOのコンパクトクランクFC-R700。ギアは50×34T。BBはULTEGRAグレードのSM-FC6600に同時に交換。
cyc060805_3.jpg

FSAのコンパクトクランクを外して、、、
cyc060805_2.jpg

50×36T→50×34T。歯数があんまり変わらない?イヤ、この2Tが効くんですわ。

F5CのBBを外すとこんな感じ。
cyc060805_1.jpg

本当はトルクを気にして締めなければならないのだが、そこは機械屋の勘で、、、。(加減がわからないときは、短く持って強めに締める。レンチを長く持つと大抵締めすぎ、壊してしまうことも。)
cyc060805_4.jpg

リアは既に12-25Tに変えているので最小ギア比は 1.36。元々F5Cは11-23Tなのでノーマルの最小ギア比は 1.56。13%ほど軽くなっているはず。

富士山周遊を完走できたのもギアを軽くしたおかげだろう。時速10km/hを割りながらも回せたし。ただディレーラーのキャパシティが許せば、リアを27Tにしたいところ。前がコンパクトだから、行けそうな気がするんだが、、、、今度測ってみよう。

| Cycle | 22:36 | comments(0) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

富士山周遊ライド

昨日、富士山周遊ライドに行ってきました。
御殿場を起点に富士山のまわりを反時計回りに1周です。
cyc060806_1.jpg 
たぶんこんなルート(^^;)
cyc060806_2.jpg
かなりのハードコースです。積算標高差は2000m近くも!

まずは御殿場から籠坂峠へ。だらだら登りが10kmくらい。途中、2回休憩をとりながら、、、峠へ到着。
cyc060806_3.jpg
4人のヘルメット姿が見えてますね。そうです、こんなコース一人でやろうとは思わないです。(^^;) 練習会に連れて行ってもらったのでした。6人でスタートしましたが一人は峠の途中で、持病の膝痛が出て、残念ながらリタイヤとなってしまいました。

峠を越えて山中湖までは、ごほうびの下り。あっという間に終了!
cyc060806_4.jpg

山中湖から河口湖方面へ、渋滞をすり抜けながらのんびり行きます。
富士急ハイランド脇ではフジヤマの絶叫を聞き、鳴沢では、露店のおいしい桃を食べ、まるで観光ライドです。そろそろペースをあげようかと思った矢先、石のようなものを踏んでしまったそのすぐ後、後輪に違和感。パンクです。他のメンバーに先に行ってもらい、一人でチューブを交換。追いつくために先を急ぎます。でも、向かい風の中でのアップダウンなかなかスピードが出ません。それでも本栖湖で休憩中のメンバーに追いつきました。
cyc060806_6.jpg

この猛追(嘘)で脚を使ってしまい、その後はヘロヘロモード。
朝霧高原の道の駅で昼食後は、のどかな田園風景を快適に下っていきます。
白糸入口のコンビニは最後の補給地点。ここから30km、店がないのです。
下り基調のアップダウンを終えると十里木まで長坂の連続です。この果てしない坂道をそれぞれマイペースで登っていき、途中で待っていると最後の一人が登ってきません。後で聞くとショートカットコースを使ってこちらが待っていた場所の先に出ていたそうな。 約30分のロス。
十里木を抜けると待ち望んだ下り、そして自衛隊の演習場の間を突っ切る気持ちの良い道です。しかし最後にまた坂道が、、、。通称?MaxValueの坂。
前半の観光、サイクリング気分と後半の苦行の落差が大きかったハードなライドでした。後半はまさにトレーニング!写真を撮る余裕もありませんでした。

朝9時出発、18時到着 のちょうど9時間。
だけど走行時間、5時間24分 走行距離 112.5km。
平均速度 20.8km/h 最高 57.3km/h 
消費カロリ3986kcal 食事:おにぎり1ヶ、ゼリー3ヶ、山菜そば、桃1ヶ、干し梅。飲料 4Lくらい。

cyc060806_7.jpgcyc060806_8.jpg
とんでもない体力の方々ばかりでした。皆様、お世話になりました。

| Cycle | 06:35 | comments(2) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

海水浴

camp060805.jpg

西伊豆のとある海水浴場に行って来ました。

ララはこかげでお留守番。海には入れません。
camp060805_2.jpg

| Dog | 22:54 | comments(2) | トラックバック(-) | TOP↑

2006年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。